郵便局 お金

定期貯金を解約せずに郵便局でお金借りることができる?!

郵便局は全国各地にネットワークを持っています。そのため、日本の各地に所在しているどこの郵便局でも同じサービスを受けることが可能となっています。また、銀行などの金融機関とは異なり、ATMの手数料が時間を問わずに無料であるところも郵便局のメリットのひとつとなっています。 誰しも急に現金が必要な場面に直面した経験の一度や二度はあるでしょうが、そのような時でもゆうちょ銀行に総合口座を開設してあれば安心です。郵便局にはゆうちょ銀行のATMが設置されていますが、これは前述したように全国各地に設置されています。そのため、ゆうちょ銀行の総合口座さえあれば普段生活をしている地域だけではなく、全国の各地でいつでも現金を引き下ろすことができるのです。

また、総合口座に入金されているお金が不足しがちな人でも、定期貯金や定額貯金をしている人であれば、それらを解約せずにいつでもお金を借りられる自動貸付というサービスがあります。自動貸付けでは定期貯金や定額貯金の9割までの金額であれば、普通貯金の口座の残高が不足している場合でも普段貯金を引き下ろすときと同じ感覚でお金借りることができるのです。

お金を借りた後には当然返済しなければなりませんが、返済については特別な手間は必要ありません。普通貯金の口座に入金をするだけで自動貸付で借りたお金は自動的に返済されていくことになっているからです。自動貸付では定期貯金や定額貯金の残高に応じて決められている金額以上のお金を借りることができないので、消費者金融のキャッシングを利用することに抵抗を感じてしまう人でも安心してお金を借りることができます。

郵便局でお金を借りる簡単な方法について

郵便局の総合口座を開設している人の場合、急に現金が必要になったときに郵便局からお金を借りることができます。 郵便局に総合口座が開設してあり、定期貯金や定額貯金をしている人であれば郵便局からお金を借りる際に特別な手続きを必要としません。

そのため、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなどを利用してお金を借りることに抵抗を感じてしまうという人でも、安心して急に現金が必要になったときにお金を借りることができます。 消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを利用してお金を借りるには、申込みの手続きの段階で審査が行われます。審査では職業や収入などが詳しく調査されることになりますが、その結果としてお金を貸し出してくれない場合もあります。
また、近年ではキャッシングやカードローンの申込の手続き自体は、ネット上から行うことができるので窓口に足を運ぶような手間は掛からないようになっています。しかし、ネット上からの申込であっても審査は必ず行われるので、申し込みをした後に直ぐ現金を借りられるわけではありません。

その点、定期貯金や定額貯金を担保として郵便局からお金を借りる方法では、事前に申し込みの手続きをする必要はありません。特別な手続きをすることなく、身近にある郵便局のATMから自分のお金を引き出す感覚でお現金を引き出すことができます。 ただし、この方法で借りられる金額には制限があり、定期貯金や定額貯金の残高の90パーセントまでとなっている点に注意が必要です。